年齢制限を知ろう

FXの特徴とは

FXと言えば

FXの取引は、外国通貨の為替(例えば二国間)を売買および交換をして、その差益を目的としています。
FXの取引においてよく言われるのが「レバレッジ」であり、FXの特徴の中でも最も知られているものではないでしょうか。
FXの取引では証拠金と呼ばれる担保(資金)により投資金額が決められますが、この証拠金の何倍もの取引ができるのが「レバレッジ」という方法です。
数倍から数十倍までの取引が可能です。

この投資方法により、ハイリターンそしてハイリスクにもなりFXの特徴ともなっているのです。
もちろん自分でレバレッジの倍率を決めることができるので、投資金額とリスクを調整しながら投資できます。
もちろん、大幅な損失の可能性があれば、被らないようにするためのシステムもあります。

その他特徴として

FXのそのほかの特徴として、1000通貨単位(1ドル100円なら約10万円程度)から始められることです。
例えば、購入時よりも円安になれば為替レートの動きで利益も期待できるのです。
また、スワップ(金利)と呼ばれる投資先との金利差を受けとることもできます。

通貨の買値と売値の差(スプレッドと呼ばれる)が小さく為替コストが安いのも特徴です。
このスプレッドは、FXにおけるユーザー側の取引手数料にあたります。
スプレッドが狭い(手数料が安い)状態では低コストで取引ができます。
取引の回数が多くなれば、このスプレッドも都度発生することになり、取引する上で重要な要素になります。
ちなみにスプレッドは、一定ではなく変更することもよくあります。