年齢制限を知ろう

「できる」かどうか

年齢制限からわかること

FXの取引における年齢制限を調べていると、法律としては規定はなく、取り扱っている各社では明記している会社もあれば、明記してない会社もあるようです。
ちなみに18歳以上であれば可能という会社もあります。
その場合には親権者の同意が必要となりますが、審査の方法なども調べてみる必要がありそうです。

FXの取引の取引には、小額でも始められるなどの他の投資と比べると気軽に始められるイメージがありますが、紛れもなく投資であり、投資方法によっては資産を大幅に減らしてしまう可能性も十分にあるのです。
年齢制限が設けられているのには、そのようなリスクの高い投資を未成年に取引させてしまってもいいのか(悪徳業者によりだまされるケースも含めて)という懸念があるからとも思われます。

投資は簡単ではない

年齢制限を設けている会社においては、その年齢制限の下限があれば上限もあります。
某社においては、口座を開設できない年齢制限として20歳未満、75歳以上というものがあります。
法律によって規定はされていないものの、こうした制限があるのはやはり投資する人の保護にあると思われます。

学生という立場で年齢制限をクリアして、かつ審査も通過したとしたら取引においては細心の注意が必要です。
FXの取引は、その手軽さから容易に儲けられるというイメージが先行していますが、取引を行うのであれば、その逆もあるということを認識することが大切です。
FXの取引はビギナーズラックがでるほど、簡単なものではありません。
その投資には理論もあれば分析もあり、為替は24時間絶え間なく動き続けているのです。