年齢制限を知ろう

学生の年齢の定義とは?

FXの取引は口座開設が不可欠

FXの取引の年齢制限について調べてみると、実は法律で規定されている年齢制限はありません。
ただ、FXを取り扱う各社それぞれに年齢制限を設けているようです。(掲載していない会社もあります)

FXの取引をするには口座を開設する必要があります。
審査があり、身分証明書や提出する書類が必要になるわけです。
ちなみに、身分証明書は運転免許証やマイナンバーなどが必要になります。
当然のことながら、こうした提出書類を持っていないと成人でも口座を開設できません。(FXの取引をできない)

某FX取り扱い会社においては、20歳未満の人は口座の開設ができないという規定があります。
また、たとえ20歳以上であったとしても、必要書類を記入し(年収や自己資産、職業など)、審査に通らなければならないのです。

20歳以上であれば口座の開設は可能

「学生」というのは年齢で括ることはできません。
大学をみてみれば、さまざまな年齢の学生が通っています。
18歳もいれば20歳以上の学生も在籍しているわけです。
先の某FX取り扱い会社の例をみれば、学生でも20歳以上であれば口座を開設して取引も可能でしょう。
しかし、申し上げたようにFXには口座の開設が不可欠であり、その審査もあります。
収入や資産が少なければ審査を通過することはありません。

FXの取引は投資であり、その取引により利益を出す可能性もあれば、損失が出てしまう可能性も多分にあるのです。
FXを取り扱う会社にしてみれば、収入や資産が少なく、自己責任をとれないような財力のない人を審査を通すでしょうか。
FXの取引を行うのは年齢さえクリアしていれば誰でもできるということではありません。