FXは学生でもできるの?

年齢制限を知ろう

学生の年齢の定義とは?

FXの取引は投資であり自分の資金を使って取引を行うわけです。 証券会社などを通して取引するのが一般的です。 金融機関に預金などの口座を開設するならば、親が代理でやってくれる場合もあると思いますが、FXの取引においては年齢制限などはあるのでしょうか。

FXの年齢制限とは

FXは学生でもできるかというテーマにおいては、やはり年齢の制限についても考えてみたいと思います。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、FXの正式な名称は「外国為替証拠金取引」という名称です。
当然のことながら、投資であり金銭の取引を伴うものであることは言うまでもありません。

普通に考えると投資を行うのは大人(20歳以上の成人)ですよね。
会社に勤務していればある程度の収入もあり、投資を行えるだけの資金も持っていますし、社会に認知された存在でもあるので、身分を証明することも比較的容易です。
自分の資産であれば、投資をして利益を出すこともできますし、また損失が出たとしても自己責任です。
つまりは自分で責任を果たせるわけです。
では、未成年(20歳未満)であったらどうでしょうか。
すでに働いている人もいるしょうし、まだ学校に通っている人もいるでしょう。
2016年から選挙権が18歳まで引き下げられましたが、日本においては民法においても規定され20歳以下はまだ成人として認められていません。

ちなみに未成年であるとできないことがたくさんあります。
飲酒や喫煙、公営ギャンブルなどが有名なところですが、ローンの契約なども未成年ではできません。
もちろん、ローンについては収入や返済能力なども懸念があるからだと思います。
一方、未成年でも成年と扱っているケースも実はたくさんあります。
運転免許や選挙権、労働基準法などがそうです。
成年(成人)の規定はありますが、その扱いにおいてはケースバイケースと言えます。

おすすめリンク

「できる」かどうか

FXの取引は投資であり、株式投資などと比べても小額で始めることができる反面、所持している資金の数倍の額を取引できることで、ハイリスクでハイリターンな投資とも言われています。(もちろん手堅く投資も可能です) 年齢制限はそうした理由もあるかもしれません。

FXの特徴とは

FXの取引を行うということは、ある意味で自分の資産を増やすか減らすかの可能性があるわけです。 学生であろうとなかろうと誰も投資をすれば成功もあれば失敗もあるのです。 くじを引くがごとく、予備知識なしでの取引はリスクがあります。 ご存知かもしれませんが、まずはその概要をご紹介します。